マンションの売却を考えるならば査定書を手に入れよう

手に入れておきたいのが不動産の査定書

マンション査定 : マンション査定価格はどう決まる?

マンションの売却を考える時、最も重要なのはその物件にいくらの値がつくかです。
購入したときの価格に近ければよいのですが、月日が経ち建物が劣化したり地価も変動しているので具体的な金額は素人にはわかりません。
そこで手に入れておきたいのが不動産の査定書です。
これは簡単にいえば、査定をした物件は今売却するならばいくらで売れるのかということを記載した書類です。
当然のことながら、物件の価格は査定した人の気分で決まるものではありません。
プラスの要素もあればマイナスの要素も出てきます。
そういったことをすべて加味して、根拠のある内容にしているのが査定書です。
この書類は、どうやって手にいれることができるのかというと、2つのやり方があります。
マンションのオーナーにとって負担が少ないのは、不動産会社に作成してもらうことです。
不動産の売却をしようとするとき、オーナーが買い手を見つけて必要な手続きを行うのはとても面倒なので、多くの場合には不動産会社に仲介をしてもらいます。
仲介業務を行っている不動産会社は、いくらの値をつけるのかを考えてもらうための参考資料として査定書を作成します。
このやり方であれば、作成の費用はかかりません。
というのも料金をとってしまうと、それは不動産鑑定士だけにしかできない不動産の鑑定という独占業務になり、法律に違反するからです。

おはようございます!新たに東京営業部3部に配属になりました。
天間です!初日あいにくの雨ですが、よい物件をガンガン買っていくので #仲介業者 様よろしくお願いいたします!早速マンション査定にいってきます!#マンション買取 #即日査定

— トランプ不動産 営業第3部 (@WFFrl20fUR7nDaN) 2019年6月10日

手に入れておきたいのが不動産の査定書 : 不動産鑑定評価基準は客観的で中立性を持った内容を作成するために使われてきた : 不動産鑑定士の出した金額は実際の取引金額と一致するわけではない